治療可能な年齢とは

噛む力をもっと鍛えたいと考えている人もおられることでしょう。
過去に歯を失った経験がある人は、歯を失うことの大変さ、また残った歯に与える負担などについても記憶に新しいのではないでしょうか。
噛む力というのは、インプラントの治療を受けた人であれば、インプラントを伝わって骨が負担してくれるので、残存歯に余分な負担をかける必要がないことを実感しておられることでしょう。
インプラントによって、その後何十年も残存歯も健康で丈夫な状態を保つことができているという人も少なくありません。
インプラントの手術には、年齢制限があるのかどうかが気になっている人もおられることでしょう。
実際、インプラントの手術は高齢の方でも受けることができるといわれています。
症例の中には、なんと80歳の患者さんの例もあるということです。
インプラントの年齢としてその他に注意したいことというのは、成長段階を終えている人が適しているということです。
つまり、20歳以上であればインプラントが可能だということです。
インプラントの手術を終えた人でも、まだ歯ぎしりなどのクセが治っていない場合はマウスピースを使用したりして、アフターケアを行うことになるかもしれません。
とにかくインプラントを無事に成功させるためにも、複数の歯科医を訪ねてみることが大切です。
少し面倒に思えるかもしれませんが、その後の快適な噛み合わせのことを考えて、努力を惜しまないようにしましょう。

Copyright (C)2017インプラントの正しい知識を得よう.All rights reserved.