インプラントの手術について

快適な生活を送るためには、歯の噛み合わせをしっかりと安定したものにしたいと願っている人も少なくありません。
歯を失った時にどのような治療を行うかによって、残りの歯の負担が変わってくることがあります。
義歯では十分に噛む力を取り戻すことができない場合もあり、そういった場合に残りの歯に加重な負担を与える可能性もあります。
そういった悪循環により、やがては残った歯までも失われるというリスクも潜んでいます。
ですから、一本の歯を失った時点ですぐにインプラントの手術を決意するのは賢明な選択といえます。
悪循環にならないうちに手術を受けておけば、その後の快適な生活が長く続くというわけなのです。
インプラントの手術に伴う麻酔の方法に関してですが、以前は局所麻酔のみが使用されていたようですが、今は麻酔専門医が心電図を見ながら麻酔をかけてくれるという方法に変わっています。
ですから、手術の間は、どのような作業がなされているのかも分かりませんし、意識が戻った時にはすでに手術が終了しているという状態なので、痛みに関する心配はありません。
インプラントの手術は全身の疾患がなければ可能ですので、高齢者の中でも可能な人が少なくありません。
手術となると緊張するかもしれませんが、麻酔ですぐに意識がなくなるので、そういった説明を聞いているうちに、緊張する必要がないことが分かってくるでしょう。
一本の歯のインプラントであれば、比較的短時間で手術が終わります。

Copyright (C)2017インプラントの正しい知識を得よう.All rights reserved.