残りの歯のことを考えて

残った歯というのは、失って補った歯よりも負担がかかる場合があり、義歯を作るだけでは後々になってトラブルが絶えないという場合もあります。
ですから、歯の治療、それも失った歯を補う治療を考えている時には、幾つかの治療法の中から、最適な治療法を選ぶようにしましょう。
高い評価を受けているのはインプラントという治療です。
欠損部位を補う治療として、もともとあった歯と同じくらいのレベルにまで回復させられるので、話題になっています。
インプラントによって、噛み合わせが良くなったというビフォーアフターの写真を目にすることもあるかもしれません。
インプラントの手術は、他の治療法とは全く異なっています。
一般的な治療では、一本の歯を失うと、残りの歯、失った歯の両側の歯のどちらも治療する必要があります。
両方の歯を削って冠をかぶせるといった方法もあります。
しかし、このような治療法では満足できない人もおられます。
これに対してインプラントは失った部位の骨を利用して治療が行われるので、治療後、補った歯の負担はその歯の下の骨が負担することになり、両方の歯への負担を減らすことができるのです。
インプラントの原理はチタンと骨が驚くべき結合の働きをすることが発端となっています。
残りの歯のことを考えつつ、歯全体の健康状態を気遣いながら治療を行いたい人にはうってつけの治療方法といえます。
いつまでも若く健康でいるためには、噛み合わせの良い歯の笑顔が大切です。

関連リンク

Copyright (C)2017インプラントの正しい知識を得よう.All rights reserved.